#

中央カレッジグループ
学校法人有坂中央学園
中央農業グリーン専門学校

“日本の「農」「食」「花」分野におけるマーケットシーンを支える!”

#

学校の特徴・特色

人間の生活を根本からささえる「食」と「農」には食の安心・安全の確保、農業の6次産業化、食料自給率の向上など様々な課題があるとともに、たくさんの可能性が広がっている。
 消費者のニーズが多様化している現代の社会では、第一次産業である農業の考え方と第二次産業である工業の生産性や品質改良・加工、第三次産業的な商業・サービス・販売の考え方を融合することで農業の新しいビジネスモデルが確立する。同校では、農業知識・技術を教育ファーム(農園)で実践的に習得し、中央カレッジグループとの連携で、ビジネス感覚を身につけた新時代に適応できる人材を養成する。

学科・コース・学べる内容

〔農業ビジネス学科〕男女・二年制
#

■農業ビジネスコース(企画開発・生産技術・流通販売・農業機械・JA)
従来の農業の基礎となる農産物の生産知識に加え、食品加工・商品企画開発・マーケティング・流通・販売・サービスなどを総合的に学び、日本の「食」を支える「農業ビジネス」を学びます。「農業の新しいカタチ」としてとらえる6次産業化としてのノウハウや、地域産業の活性化にもつながる農商工連携を担うために必要な知識や能力を身につけます。
 また、生産した農産物を加工・販売している農業生産法人や、各企業での研修・インターンシップを通じ、現場の取り組みや現在市場で必要とされているものを知り、卒業後には農業ビジネス業界のトップリーダーとなることを目指します。

■フラワー&園芸ビジネスコース(花き園芸・フラワーアレンジ)
消費者ニーズに柔軟に対応できるマーケティング技術を学び、経営にも必要な園芸作物の栽培管理・仕入れ・在庫・販売・流通に至るまでの販売士の知識、技術を身につけます。業界のプロからの直接指導でアレンジメントやガーデニング、ブーケづくりも行い、様々なプロジェクトやコンテストにも挑戦します。 また、有効成分が健康の維持に役立つと注目されているメディカルハーブ分野、お客様のリクエストを上回る為のセンスを磨くカラーコーディネート(色彩)能力の向上、基本的なビジネスマナーなども学び、フラワービジネス業界で求められる能力も構築していきます。

〔食農ビジネス学科〕男女・二年制
#

■食農ソムリエコース(生産・調理・販売・レシピ開発・フードコーディネート)
食材となる農作物の種まきから収穫までを学び、農作物への理解を深め、地産池消につながるレシピ開発やオリジナルメニューの研究に役立てます。
新設したばかりのプロ仕様の設備で、農作物を活かす調理技術や栄養学を学ぶと同時に、サービスマナーやテーブルコーディネート、ストアオペレーションについても実践的に学びます。また、各国の基本的な料理から製菓・製パンまでの調理実習も行い、五感を鍛えます。「農と食」に関する様々な知識と技術を備え、多くの人に食べ物がもたらす喜びを伝えることのできるスペシャリストを育成します。

施設・設備

# #

 調理を学ぶための充実したプロ仕様の調理室をはじめ、フラワー実習室や広い教育ファーム(圃場)などを完備。基礎科目・専門科目の学習で得た知識をベースに実践を通して、現実の社会に有効な実践的な技術を身につけることができる。また、昼休みや放課後に憩いの場として使える学生ラウンジも用意。

取得資格

#

日本農業技術検定・ 日商簿記検定・農業簿記検定・日商販売士検定・危険物取扱者・毒物劇物取扱者・ビジネス能力検定・色彩検定・NFDフラワーデザイナー資格検定・園芸装飾技能士検定・食品衛生責任者・フードコーディネーター・食育ソムリエ・ジュニア野菜ソムリエ・POP検定 など

卒業後の進路

農業ビジネス関連企業・農業生産法人・食品産業・流通業・農業機械メーカー・食と農に関連する企業・観光サービス業(観光ホテルなど)・JA・花の農業生産法人・園芸店・フラワーショップ・エクステリアショップ・ホームセンター・ファーマーズマーケット(直売所)・クッキングスクール・レストラン&カフェ・民間企業 など

募集要項

●募集定員/
農業ビジネス学科(男女・二年制)60名
食農ビジネス学科(男女・二年制)20名

●初年度納入金/880,000(テキスト代等別途)

●資料請求、参加申し込み
0120-04-0066(有坂中央学園)

※オープンキャンパス情報はこちら

#

前橋市南町2-31-1
TEL:027-220-1200
フリーダイヤル:0120-04-0066
http://www.chuo.ac.jp