#

幼稚園・保育園入園準備

#

入園準備は万端?
事前の準備でスムーズなスタートをきる

初めての集団生活 幼稚園・保育園、何が必要?

 ついつい気合が入ってしまう初めての入園。親も普段とは違う空気の中緊張してしまうものですが、今までいつも側にいてくれた親や家族と離れ、幼稚園・保育園という未知の世界で初めての集団生活をする子供はもっと緊張し、不安を感じているものです。幼稚園・保育園の入園準備で色々なものを揃えていく過程には、園に通うのを楽しみにする気持ちを育て、不安を徐々に解消してあげるという効果もありますから、親の愛情を感じ落ち着けるような、愛着の沸くものを揃えてあげれば、子供は幼稚園・保育園への期待感が持てるようになるでしょう。

 親の愛情が直に感じられるものとして、「手作り入園グッズ」があります。親の手作りのものは、スキンシップや笑顔、言葉などと違い、そこに親がいなくても親の存在を感じられるので、それらを持っているだけで子供は安心することができます。主なものに食事用エプロン、パジャマ、シーツ、お昼寝布団のカバー、お弁当袋、ランチョンマット、コップ・箸入れ袋などがあります。子供は柄などを見て自分のものだと判別する力が未発達な為、他の園児のグッズと間違えてしまうことがあるかもしれません。わかりやすい、オリジナル性に富んだ柄などを使って作ってあげると良いでしょう。

 また、入園準備には意外と時間がかかるものですので、極力計画は早めに行うことをお勧めします。これは、早めに全てを揃えてしまわなければならない、という意味ではなく、準備に時間のかかるものを、早いうちに見極めておくことが大切です。園によっては、手作り入園グッズのサイズの指定があるところがありますので、まずは「入園準備品リスト」を手に入れてから準備に取り掛かると良いでしょう。

正しい生活習慣を身に付け、入園準備を万端にしよう

 入園前の子供のほとんどが、自由奔放に好きな時間に起きて好きな時間にご飯を食べ、疲れたら寝る、という生活を送っていたことでしょう。しかし入園したらそこはもう社会。たくさんの他の園児達と一緒に生活する訳ですから、好きなときに好きなことをするという今までの生活習慣を、入園前にある程度正しておかなければなりません。まず、曜日を問わず早寝早起きの規則正しい生活リズムを心がけるようにしましょう。また、朝食は体内時計の調整役としてとても重要ですので、しっかり取る必要があります。大抵の幼稚園・保育園で、午前中にお散歩や運動の時間を設けているようですので、朝食を摂らないと、身体が目覚めないため充分に運動できないだけでなく、そのせいで昼食時に食欲がわかない、といった連鎖的な問題が生じます。中には気分が悪くなる子供もいます。忙しい朝は、バナナ1本だけでもよいので食事をさせ、排便までさせれば完璧です。

 この他、入園前に、挨拶がしっかりできる子供に育てるのも親の大切な役目です。入園すると、園児同士だけでなく沢山の人とのコミュニケーションが必要になります。「おはよう」「おやすみ」「こんにちは」「ありがとう」「いただきます」「ごちそうさま」などお父さん・お母さんがたくさん声をかけて挨拶してあげてください。「はい」「いいえ」などの受け答えも自分の意思を言えるようになるために必要な挨拶です。なんでも大人が先に聞いてしまわずに、ゆっくりと子供との会話の時間を作ってみてください。