#

赤ちゃんを持つ親お悩みQ&A

#

お母さんの育児に対するお悩みに、佐藤病院の副院長・佐藤先生が答えます。

 毎日の家事・仕事をこなす中での子育てって本当に大変です。特に赤ちゃんの時は、日々いろいろなことが起こってどうしたら良いのか解らないことばかり。お母さんの心の健康は、子育てにも大切なこと。気持ちにゆとりが生まれれば、子供への愛情もいつも以上に感じられるはず。

Q.下の子がとても甘えん坊で、常に抱っこをせがまれます。抱っこばかりして、抱き癖がついてしまわないかと心配です。

A.抱き癖はあまり気にしなくてもよいのではないでしょうか。
赤ちゃんは抱っこをされるのが大好きです。それに応えることは赤ちゃんとお母さんの心のつながりをつくる上でとても大切なことですので、赤ちゃんが抱っこを求めてきた時は、可能な限り抱っこをしてあげましょう。

Q.現在紙オムツを使っているのですが、おばぁちゃんに「布オムツはオムツはずれが早い」と聞き、布オムツに替えようかと迷っています。紙オムツと布オムツではどちらが良いのですか?

A.紙オムツと布オムツは、それぞれ一長一短がありますのでご家庭の状況、又その子の状態に応じて選んで頂ければ良いかと思います。洗濯、費用、赤ちゃんの皮膚の状態等。ただし、どのオムツにしてもこまめに交換することが大切です。

Q.予防接種は受けなければいけませんか?

A.赤ちゃんは母親から胎盤を通して免疫抗体をもらっているので、出生後6ヶ月位までは大丈夫と言われています。しかしそれ以後は予防接種を受けられることをお勧めします。大切な可愛い赤ちゃんですので病気にならないように予防接種を受けて予防しましょう。

Q.4ヶ月になる女の子がいるのですが、離乳食はいつから始めたら良いのでしょうか?またどのようなものから始めれば良いですか?

A.離乳食の開始時期は厚生労働省から授乳離乳支援ガイドが出ました。それによりますと果汁は与えないで重湯からスタートすることになっています。完了時期も1年半までに終了すればと遅くなりました。これもその子によって違います。従来までは「赤ちゃんの体重が7kgに達してから」というのを一つの目標にしていましたがお子様が大人が食べているのを目で追ったり、手が出るようになったり、よだれが出るようになってからで良いと思います。子育てサークルに参加しているお母様方に聞きますと大体6ヶ月頃から開始されている方が多いようです。

Q.1歳の男の子がいるのですが、まだ全く乳離れができていません。そろそろ断乳をしなければいけない時期なのでしょうか?

A.お子様が1歳を過ぎても母乳がよく分泌しており母乳を飲んでいるのであれば、しばらくはそのままで続けることをお勧めします。おっぱいをあげることは母子双方の心の絆を深めることにつながります。今日では赤ちゃんが欲するまで母乳を与えましょうと言われています。それを”卒乳”と言います。もし何かの理由で”断乳”をお望みならその時は産科に相談してみて下さい。

Q.8ヶ月の男の子がいます。下の前歯が少し生えてきたのですが、他の子供に比べ、歯が生えるのが早いようです。歯磨きはいつ頃から必要ですか?

A.お子様の歯が生えてきてから開始するので良いのではないでしょうか。歯磨きは最初はお母さんがぬらしたガーゼでお子様の口腔内をそっと拭くと良いと思います。それから歯ブラシに慣れるという意味で歯ブラシを持たせて、嫌がらなければ歯磨きの真似をするので良いと思います。

Q.子供が何か気に入らないことがあるとすぐにお友達を叩いたり、物を投げたりするので困っています。どう注意したら良いのでしょうか?

A.お子様がお友達を叩いたり、物を投げたりする場合はその都度、お子様に分かるように説明し、お母さんが相手のお子様に謝る姿も見せることも大切なのではないでしょうか。お子様に説明した後は、しっかりお子様を抱きしめてあげましょうね。

Q.1歳の女の子がいるのですが、トイレトレーニングはいつから始めるのが良いですか?

A.排泄のしつけがしやすい1歳半頃から開始してみてはどうでしょうか?